2007年02月15日

クリスタルドラムの謎が...

以前に、爆発寸前GIGのYOSHIKIさんの
ドラムのバスドラのヘッドのTAMAのロゴが
下に付いている話を書きました。

その謎が解けました?のでそのことを...


いつから、クリスタルドラムの上方にロゴが
付いたのかが不明でした。それが、いろんな
情報を調べて時期がわかりました。

89年にすでに2代目のクリスタルドラムが
使用されていたんです。実は1代目が機材車の
事故により破損したそうです。

89年4月30日に機材車が横転する事故が
あったそうです。この時に、クリスタルドラムと
ギター数本が破損したそうです。

この時に、ロゴも上方に付いたデザインに
変わった可能性が高いです。

こうやって、小さな謎を解き明かす発見があると
うれしいです。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLUE BLOODの収録時の曲の仮題

BLUE BLOODを収録する時に
まだ、正式な曲名が決まっていないときに
仮題があったそうです。


アルバムのタイトルでもある
BLUE BLOODの仮題は、
「大スラッシュ」だったそうです。

EASY〜の仮題は「シャッフル」
だったそうです。

BLUE BLOODの収録曲(新曲)で
最初に形になったのは「WEEK END」
だったそうです。

WEEK ENDはBURN OUT TOUR
から演奏されました。
初演は大宮フリークスだったそうです。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

89年3月13日 BLUE BLOOD TOUR 初日に

89年3月13日 BLUE BLOOD TOUR 初日までに
なんと、間に合っていないことがあったそうです。


YOSHIKIさんのドラムの舞台装置が、間に
合わなかったそうです。ドラムのやま台が、
せり出してくる装置です。

もう一つ大事な物が間に合わなかったそうです。
それは、ツアーパンフレットだったそうです。

そして、YOSHIKIさんは、LIVEの
前日までにBLUE BLOODのマスタリングを
仕上げるためにその作業に立ち会ったそうです。

メジャーデビュー時からいろいろトラブルが
発生するなんて...
すべてがXらしい気がします。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

88年10月23日 宿泊先ホテルにて

BURN OUT TOUR札幌公演時に
1晩でホテルを後にすることになったそうです。
フロントの態度の悪さにはらを立てたメンバーが...


そのフロントのカウンターの上に正座してホテルの
従業員に説教をしたそうです。

TAIJIさんが寝ていたら、ヤクザが凄んでいるような
声が聞こえて来るので「何事だろう」と降りて行ったら
それは、HIDEさんだったそうです。

さらに、HIDEさんは部屋で暴れて、ごみ箱を
蹴飛ばしたり、窓から物を投げたりしたそうです。

全部、弁償させられ、翌日から3名ほど別のホテル
に移されたそうです。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

88年10月18日、X、初のTV生出演

Xが初めてTVに生出演したのは、88年10月18日
の中京TV「ラジオでごめん」でした。
この日はメンバー何人かが酔っぱらっていたそうです。


この時の出演で、プロデューサーに怒られたそうです。
メンバーが酔っていたことと、なんと、LIVEで
使用するCO2ボンベを持ち込んでいたそうです。

YOSHIKIさんが、何のキッカケもなしに、
話している途中でいきなり出したそうです。

このことでプロデューサーがカンカンだったそうです。

それでも次の日、TOSHIさんとYOSHIKIさんが
出演し、話をきちんとしたそうです。

このことで、中京TVに対するクビがつながったそうです。

TVでも関係なくXらしさが表れていると思います。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanishing Vision ピクチャー盤の撮影場所

Vanishing Vision ピクチャー盤の撮影場所は
どこなんでしょうとお伺いされてしまいました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
紹介しておきます。

Vanishing Vision ピクチャー盤の撮影場所は
かちどき橋です。

この時の写真は、BURN OUT TOURの
ポスターにも使われています。

Vanishing VisionのCD発売時にもこの写真の
ポスターが使われています。

Vanishing Vision ピクチャー盤の特典は
STAB ME IN THE BACKの
ソノシートです。

88年9月の京都スポーツバレーのLIVEが
収録されています。

通販の特典では、STAB ME IN THE BACKの
ソノシート、BURN OUT TOURのポスター、
ステッカーです。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOSHIKIさんの髪の毛が凶器に...

ニッポン放送「ぶっ通しライブスペシャル」
の出演時(88年12月27日)に
YOSHIKIさんと森若香里さんが
エレベータの中でお会いしたそうです。


お互い初対面だったそうです。

それでお互いに挨拶したらYOSHIKIさんが
おじぎしたときにYOSHIKIさんの
髪の毛が森若さんに突き刺さったそうです。

そういう話を森若さんがしていたそうです。

この時に演奏をXが行ったそうです。その時に、
とにかくニッポン放送のスタッフさんが
”Xは凄い”って盛り上がったそうです。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

89年1月1日はHIDEさん家...89年1月2日はPATAさんの家


88年12月31日 ニューメタルパーティーの後、
89年1月1日はHIDEさん家の押入の扉が、
89年1月2日はPATAさんの家のベランダが、

もちろん、そんな事件を起こされたのは
YOSHIKIさんです。

年が明けて、元旦、二日と飲み会だったそうです。
元旦はHIDEさんの家が壊れたそうです。

YOSHIKIさんのゲンコツで押入の扉に
穴が開いたそうです。

そして、二日目は、PATAさんの家が
YOSHIKIさんの破壊行為でベランダの板が
割られてしまったそうです。


さすが、YOSHIKIさんですね。


メンバーの家の一部も壊していらっしゃったとは
驚きでした。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1991年 LIVE HOUSE GIGが中止...

1991年11月27日 博多Be−1と
1991年11月29日 大阪アム・ホールの
LIVEが中止になりました。


その当時、ある音楽誌にLIVEスケジュールが
掲載されたための中止だったそうです。

その音楽誌が、ずっとわかりませんでした。
所有している音楽誌にそのスケジュールは
掲載されておりませんでした。

今回、ある音楽誌を入手して、なにげなく
見ていたら、


「X緊急情報 Xがライブハウスに出演!
11月17日 渋谷エッグマン
11月27日 博多Be−1
11月29日 大阪アム・ホール」


と掲載されていました。
長年の謎が解けました。

音楽誌名はもう、時効?だと思いますので
公表してもいいと思いますが...
ここでは触れないでおきます。

当時のメンバーの気持ちを察したら、
残念さがこみ上げてきました。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vanishing Vision LP

音楽ソフトは、初回盤や限定版、通常版など
いくつか種類があるのが普通です。
XのVanishing VisionのLPは4種類あります。



R32はXのVanishing VisionのLPは2種類しか
所有していません。

初回盤はブックレット式歌詞カード付きです。
限定版はピクチャーLPでソノシート付きです。
通販特典はそれぞれステッカーとポスターが付きます。

XのVanishing VisionのLPのセカンドプレスは
歌詞カードが見開きになっているタイプです。
これは、色がピンクもあります。

XのVanishing VisionのLPのサードプレスは
歌詞カードが1枚のタイプです。

R32はこのセカンドプレスとサードプレスを
所有していません。いつか入手したいと思います。

CDは2枚所有していますので全種類集めると
6枚になってしまいます。

Xは何枚あっても好きなのでかまいません。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOSHIKIさんの目

刺激のビデオ、LD、DVDをお持ちの方は
たくさんいらっしゃいますよね。
R32も去年はじめて気付いたことがありました。


刺激のビデオ、LD、DVDのジャケットは
紅いバラですが、その中心を良く見ると...

YOSHIKIさんの目だったんです...


Xファンの方はご存じの方が多いと思います。
R32みたいにまだ、気付いていらっしゃらない
方がいると思いましたので書いてみました。

R32は気付くの遅かったです。
まだまだ、気付いていないことたくさんあると
思います。

これから、また新たな発見があれば紹介します。

ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆発寸前GIGでのDrumLogo

Xの渋谷公会堂1989年3月16日の
爆発寸前GIGのビデオ、LD、DVDは
何回も見たことあります。


最近、気付いたことなんですが、
YOSHIKIさんのDrumを見て
違和感があったんです。

なんか、妙に見た目のバランスが
他のライブの時と違う気がしたんです。

もちろん、ライドシンバルが
PearlのWILD900を
使ってあることはすぐわかりました。

そういうモノの違いではなかったんです。


そして、気付きました。
バスドラムのヘッドのロゴである
TAMAの位置が下にあることが


だから、違和感があったんです。
他のビデオではTAMAのロゴは
上にあります。

もちろん、ツアーの途中、どこかで
変わったんでしょうが、それは
いつからかはわかりませんが...

こんな小さなことを発見するたびに
うれしくなってしまいます。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1988年11月のインタビュー時に東京ドームを

1988年11月のインタビュー時に
YOSHIKIさんはすでに、目標として
東京ドームLIVEと語っていらっしゃいました。

当時、ロック(ヘビーメタル系ですが)の
アルバムの売り上げは、3万枚でヒットと
呼ばれていた頃だそうです。

YOSHIKIさんはこのインタビューで、

あくまでもXらしい曲で今までの日本の
ヘビィメタルバンドができなかったことを
成し遂げたい。

ロックというものはイギリスで生まれたんだけど
日本で生まれたロックはこれだみたいな感じで
一発やってみたい。

Xには、第2の誰だれみたいなバンドには
なりたいという気持ちはないね。

と語っていらっしゃいました。


YOSHIKIさんの凄さを感じました。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOSHIKIさんのプロフィール

YOSHIKIさんがファンクラブ会報
(X・O・F・C No.1)のプロフィール欄を
再現してみました。

生年月日   昭和40年?月?日
趣味     VIOLENCE
特技     破壊
身長     57m
体重     4kg
視力     4.5
足のサイズ  2インチ
血液型    C型

この頃は生年月日や血液型など、Xではなかったみたいです(笑)。

ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I’LL KILL YOU

I’LL KILL YOUはいわずと知れた
Xのファーストシングルです。インディーズ時代の
ファーストアルバムにも収録されました。

I’LL KILL YOUはただの「ぶっ殺せ」という歌じゃないと
YOSHIKIさんがインタビューで答えてあります。

I’LL KILL YOUはLove Song!ですと明言されて
いらっしゃいます。

歌詞に関してもよく読んで下さいと...歌詞のウエイトがけっこう
大きいとYOSHIKIさんらしく書かれています。自分なりに歌詞を
解釈して下さいとも...

歌詞に関してはワンミニットじゃなくダブルミニットなのでよく読んで
下さいと書かれていました。YOSHIKIさんらしさがここでも
表れていますね。

歌詞の解釈を考えたことはありませんがどなたか解釈を考えたことが
ある方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YOSHIKIさんがPearlのドラムを???

インディーズ時代の音楽誌を見ていたときです。
YOSHIKIさんがドラムセットと一緒に
写っていらっしゃるLIVEの写真がありました。

タムとタムホルダーをよく見るとPearlの
文字が...


よくドラムを見てみるとドラムの色もホワイト(パール?)
でした。ドラはPaisteでYOSHIKIさん愛用の
モノです。

YOSHIKIさんのセットでしたらYAMAHAの
稲妻入りのタムかロートタムだと思いますので謎でした。
しばらく、写真を眺めて理由を考えました。

写真だけ、見てもわかりませんので、
よくよく記事を読み直して真相が判明しました。

このLIVEの写真は88年〜89年のオールナイト
メタルパーティ時の写真だということがわかりました。

このドラムセットは、このイベントの出演バンドの
どなたかのセットなんだと思います。

それにしてもYOSHIKIさんがホワイトのドラム
とのコントラストも良く似合っていらっしゃいました。
あまりに、違和感がなかったので、今までわかりませんでした。

どんなドラムセットでもYOSHIKIさんには
似合っているということなんだと...
ナットクしてしまいました。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIVEのマスコット?オバケのQ太郎

インディーズ時代のXのLIVEで活躍していた?
人物?がいたそうです。
それは、オバケのQ太郎です。


Q太郎の存在は、YOSHIKIさんとHIDEさんの
音楽誌の対談(87.2.27)で紹介されています。

LIVE中にトラブルが発生したときに、登場するのが
Q太郎だそうです。初代Q太郎は横浜のLIVEで
登場し、客席で砕け散ったそうです。

86年11月のLIVEで2号がお披露目されたそうです。
これ以降、たまにQ太郎がLIVE会場に登場したそうです。

89年4月発行の音楽誌にQ太郎の写真が掲載されています
のでたびたびQ太郎が登場していたことと思います。

Q太郎を観たことがある方、是非、情報をおしらせ下さい...

この対談の時にはサーベルタイガーが解散していて、対談の
後に、hideさんはエックスに加入したそうです。

ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デモテープのプレゼント

XJAPANがデモテープのプレゼントとして配布したのは
94年の東京ドームLIVEでの出来事でした。

過去にもXがインディーズ時代にデモテープを音楽誌でプレゼント
したことがあります。

当時、音楽誌でXのデモテープが30本、オルガスムのシングルレコード
3枚、ステッカー10枚がその当時プレゼントされました。

当選したデモテープをお持ちの方が30人いらっしゃるわけです。
86年の終わり頃でした...

販売はされませんでしたが、その当時87年1月にエクスタシーレコード
から3rd シングルとして紅の発売を予定していたと掲載されて
います。

推測ですが、紅を販売する予定でしたので、プロモーションを兼ねて
紅が収録されているデモテープだと思います。

残念ながら、その音楽誌にもデモテープの写真は掲載されていません
のでどのようなデモテープかは謎です...

パーフェクトベストのHISTORYに「紅を収録した5曲入りの
デモテープを1000円で販売」と掲載されていますが、これは
X LIVEのデモテープで4曲入りの700円のことだと思います。

ただ、このデモテープをプレゼントされたとすると、収録メンバーが
違いますので、違和感があります。ただ、販売された唯一のデモテープ
ですので、これをプレゼントした可能性もあります。

このデモテープはXCLAMATIONの会報準備号でも紹介されて
いますので、このデモテープがプレゼントされた可能性が高いと
思われます。

情報として、紅、TIME TRIP LOVING、Xの3曲が
収録されたデモテープも存在することを入手しています。時期的にも
オルガスムを販売したメンバーとも一致します。

ただ、このデモテープの詳細については、明確ではないです。
86年に作成されているのにもかかわらず、情報が少なすぎるので
このデモテープの存在自体が本当ではない可能性も否定できません。

いずれにしても、真偽はわかりません。やっぱり、謎として残りますね...
今後も、詳細な情報を入手するように努力します。

それにしても、このときにプレゼントとして頂いた30人の方の
どなたかに是非、お話を聴いてみたいです。そして、プレゼントも
30本という数を企画したYOSHIKIさん...

偉大なお方です。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デッドワイアー

R32は2004年10月にCEAZEと
11月にBUGのLIVEに参戦しました。

参戦はできませんでしたがYOSHIKIさんの
誕生日にはTAIJIさんが音風のLIVEを
開催されました。

この3バンドのメンバーが在籍していたバンドが
デッドワイアーです...

Xの5期メンバーは、YOSHIKIさん、TOSHIさん
TAIJIさん、JUNさんで構成されていました。

スクワイアからJUNさんが加入されこのラインアップと
なりました。

TAIJIさんとJUNさんがXを離れ結成したバンドが
ファティマでした。ファティマ解散後JUNさんはXに
復帰されました。そして...TAIJIさんは...

TAIJIさん(現音風)、KYOさん(現BUG)、
TETSUさん(現CRAZE)で組まれたバンドが
がデッドワイアーでした。

デッドワイアー解散後、TAIJIさんはXに再加入されました。
そして、KYOさん、TETSUさんは、HIDEさん率いる
横須賀サーベルタイガーの最終ラインアップとして活動されました。

TAIJIさんのその後はご存じの通り。ラウドネス、DTR
(ダーティトラッシュロード)、音風と活動されています。

KYOさんは、Ba−Rra、デランジェ、DIE IN CRIES
BUGと活動されています。

デランジェではTETSUさんと、DIE IN CRIESでは、
元ZI:KILLで現ラルクアンシエルのYUKIHIROさん
と組んでいらっしゃいました。

TETSUさんはメフィストフェレス、デランジェ、ZI:KILL
BODY、CRAZEと活動されています。

デランジェでは、KYOさんと、ZI:KILLでは現GRAZEで
一緒に活動されているTUSKさんとSEIICHIさんと組んで
いらっしゃいました。

R32が好きなバンドは、Xのメンバーの方が在籍し、関係がある
バンドです。

そんなメンバーの方が在籍しているバンドのLIVEに参戦できる
のはとても幸せなことだと思います。
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIV創刊準備号にXのLIVEが収録されていない?

「GIV創刊準備号/ライブ アルカロイド」には
86年10月25日、目黒鹿鳴館のLIVEでの
STAB ME IN THE BACKが収録されています。

インターネットミュージアムでも紹介しています。
ところが、GIV創刊準備号にXのLIVEが収録されていない
のでは?という情報を頂いたことがあります。

実は...


GIV創刊準備号にXのLIVEが収録されているのは、
GIV創刊準備号の回収版です。

エクスタシーレコードに無許可で販売されたらしく回収
されました。

その後、編集し直されたGIV創刊準備号販売されました。
こういう事情があり、GIV創刊準備号が2種類存在する
こととなりました。

GIV創刊準備号にエックスのLIVEが収録されていない
理由がここにあります。

もし、Xが収録されたGIV創刊準備号をお探しの際には
GIV創刊準備号にXのLIVEが収録されていることを
確認して下さいね。

探されているファンの方がいらっしゃるならですが....
ラベル:X JAPAN 記事
posted by R32 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | X JAPAN エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。